大注目!2021年新作登場スーパーSALE&【最新人気店舗激安大特価中!】

カートは空です 


椿大苗白芯卜伴 はくしんぼくはん 接ぎ木8年物椿苗椿大苗ツバキつばき苗木椿 苗 150センチ前後の大きいサイズの椿です

20,100円  17,100円
割引: 15%OFF

  • モデル: 6AS0X-8
  • 在庫状況:在庫あり

カートに入れる:



詳細な内容

接ぎ木苗の椿は 丈夫で椿の植樹には接ぎ木椿がおすすめです 高さ 約150ンチ〜
木へんに春と書く「つばき(椿)」は、春の訪れを告げる日本の代表的な常緑花木です。 白芯卜伴 (はくしんぼくはん) 別名:月光(がっこう) 濃紅 一重中心白唐子中輪 2月〜4月咲 関西名「月光ーがっこう」、関東名「卜伴ーぼくはん」 この品種は自然と枝が放射状に広がる椿です。
接ぎ木苗
7年〜8年ものです
接ぎ木苗の特徴は 成長が早く鉢植え・露地植えのどちらにも向きます。 台木となるサザンカは非常に強健・丈夫で、移植にも耐えやすく土質を選びません。 全国の各地にある土壌にもしっかり対応できるようにと、椿の短所を補う古き良き技術です。 品種により違いはありますが、接木苗の1年は挿し木の2年〜3年分の成長になります。 花付きの良さも挿木に比べ良く、活け花・切り花として強剪定をしても安心です。 100年近くの大樹椿になっても移植が安心してできる事も、接ぎ木椿の特徴です
一般流通している椿の苗木はほとんどが挿し木苗です。 椿の自根は発根量も少なく伸びも弱いという事もあり、購入した年は良く咲いたが 翌年から花数が少ない等の成長障害が起こりやすいのが挿し木苗のデメリットです
特に大輪種などでは花が本来のサイズより小さくなる、開ききらず蕾の状態で落下する等の不安もあり 接ぎ木苗と比較した場合は明らかな差がでます
接ぎ木苗と比較した場合 生育のスピードは 挿し木の2年〜3年分の成長に対して 接ぎ木苗では 1年程度といわれています
植樹に椿のご検討の方は 予算が合えば 接ぎ木苗をおすすめします

椿の植えつけ方
根鉢の2倍程の穴を掘ります。(深さは根鉢と同程度で良い)
掘り起こした土と、穴の底に「完熟堆肥」・「腐葉土」又は「元肥入り培養土」を3割ほどすき込んでおきます。(土壌改良)する場合
苗を取り出し、根を崩さないように穴の中央へ置きます。
苗の傾きを確認しながら土をかぶせますが、この時に深植えにならないよう注意します。
植え付けた苗がぐら付かないように根鉢を囲む土をしっかり押さえます。
根が活着するまでの間は、風等で転倒する恐れがあるので支柱を添え、数か所固定します。
根鉢部分に水をたっぷりと水を与え、緩効性肥料を施して作業完了です。